生産アウトソーシング -うまく活用する「成功のカギ」-

なぜ、アウトソーシングするのか?

製造業の業務請負(アウトソーシング)・派遣による雇用管理のローコスト化はとても重要です。業務請負・派遣は雇用管理の負担の軽減や組織のスリム化など下記のような「5つの目的」を持って遂行する必要があります。

5つの目的
リスクの回避

生産要員や設備稼働率には余剰リスクがあります。
これらを避け、コストの変動費化を実現します。

ダウンサイジング

資産規模を必要最低限にし、経営効率を高めます。

コストの削減

生産量、仕事量に合わせた出費で済みます。

コア・コンピタンス

専門性の低い業務を捨て、中枢業務に特化します。

スピード

ある機能を早急に拡充したいという場合、外部資源を有効に活用します。

▲ Page Top

アウトソーシングの導入メリット

Merit01 固定費の変動費化
人員の調整
繁閑期の生産量に応じて、人員の調整が外部で可能です。さらに外注費として変動費化ができます。
コストの外部化
景気変動に柔軟に対応できます。外部化することでリスクの分散化を計れます。
固定費の削減
生産現場の固定する社員賃金を省力化します。賃金固定分を軽減できます。
出来高払い
生産量に応じた出来高支払いのため、割増賃金の発生がありません。
Merit02 管理コストの削減
雇用管理の軽減
人事・労務にかかるコストを軽減します。
採用コスト・労力の軽減
広告掲載料や面接採用業務の軽減を行います。
育成・研修の外部化
採用研修、育成業務を弊社で実施。福利費用・業務を外部化します。
福利厚生費の軽減
社会保険料および福利厚生費を軽減します。
Merit03 生産の効率化
適切な人員配置
過剰あるいは余剰人員を持たず、適切な人員の配置に対応します。
生産の増減産に対応
生産の出来高量に応じた支払いのみで可能です。
生産性の向上
単位時間/生産量の増大を図り、業務のスピードアップを実現します。
Merit04 リスクの回避
コア事業の強化
過剰あるいは余剰人員を持たず、適切な人員の配置に対応します。
ルーティンワークの外部化
生産の出来高量に応じた支払いのみで可能です。

▲ Page Top

生産アウトソーシングの効果

アウトソーシングの有効活用
アウトソーシングの有効活用
  • リスク回避
    完全自前主義(フル内製化)による労働資金の「硬直化」「固定化」を回避
  • 人的資源の効率化
    生産増、工場操業時間増に「余分な人件費」を持たないで対応
  • 経営の柔軟性アップ
    製造原価項目の「労務費」を「外部化」して「変動費化」し経営を改善
  • 競走力のアップ
    コア業務に経営資源を集中し「経営を強化」する
  • 生産稼働率の向上
    1.5直の導入をはじめ、工場内の装置・機械当り、単位面積当りの生産稼働率を上げる
  • 専門機能を強化
    外部の専門サービスをうまく取り入れ「外部資源を活用」
ビジネスパートナーとして取り組む効率化、コスト削減
「契約単価」×「出来高物量」のみの支払い
@単価/kg × 物量 のみので計算するため、生産量や作業量に係わらず生産増に対しての、時間外(残業代)の発生がありません。

生産管理ご担当者様へ
原価差異の軽減による原価管理の効率化

計画(予算、週間、月次など)に対して「@単価/kg×物量」が一定の請負であれば、賃率における原価差異が生じにくくなり、「標準原価」「実際原価」「実績標準原価」などの計算が容易になり、原価管理の効率化が行えます。

単位面積当、坪面積当の稼働率アップ

プラント内の単位面積当または坪面積当の稼働率を外部資源(自社従業員を持たずに)によって上げられます。

▲ Page Top

業務請負と人材派遣の違い

当社は生産や物流の現場において、必要な生産計画や仕事を達成すべく、人的な面から企業様を支援する人材サービスをご提供しています。

当社のサービスは大きく分けて2つ、「業務請負サービス」と「人材派遣サービス」に分かれます。
それぞれ次のような課題や悩みをお持ちの企業様にサービスをご提供しております。

業務請負
業務請負
  • 生産性、品質の安定化
    時期や季節によって生産量の増減が激しく、物量の変動が大きく、人(労務)のやり繰りが大変で生産性や品質が安定しない点を改善します。
  • 生産性の向上、製造コストの見直し
    単純または定型作業なのだが、管理者(社員)を配置する必要があり、個々の生産性の向上、製造コストの見直しをしたい。
  • 経営の柔軟化
    1.5直、2直の生産体制を取りたいが、夜間に人を集め、管理するのは簡単じゃない。経験と実績のある信頼できる会社にお願いしたい。
  • 人的トラブルの解消
    勤務態度の悪い従業員や、能力に欠ける人材がいて困っている。
    本当は辞めさせたいが、労働トラブルも困る。問題を解消したい。
  • 労働力の確保
    従業員の高齢化が進んで、募集しても若い人がなかなか集まらない。
    生産性ダウンや労災も心配だ。そっくり現場を任せたいのだが。
  • 外部資源の活用
    業界の競争が激しく、商品と生産拠点の統廃合が多い。あるいは新工場の稼働、新ラインの増設など、生産の一部を外部資源で固めたい。
人材派遣
人材派遣
  • タイムリーな労働力の確保
    繁忙期の人手不足と生産量の増減、事業の状況に合わせた人員補強と労務体制をつくりたい。
  • フレキシブルな労働力の確保
    長期計画が読みづらい。そのため、自社雇用だけの労務構成による人材と賃金の固定化を避けたい。
  • スポットな労働力の確保
    いつまでかハッキリわからないが、テンポラリーに人が欲しい。
  • 配置要員の適正化
    効率的で適正な人員配置をして、生産コストと工数の削減を図りたい。
  • 企業力アップ
    コア業務に社員を集中配置して、現場の強化と企業力をアップしたい。
  • 外部資源の有効活用
    業界の競争が激しく、商品と生産拠点の統廃合が多い。あるいは新工場の稼働、新ラインの増設など、生産の一部を外部資源で固めたい。

▲ Page Top